春の七草

1月7日に食される七草粥は江戸時代に広まったと言われており、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロを使ったお粥を食べ無病息災を願います。最近では七草粥が苦手という子供のために、七草粥ならぬ「七草ナムル」を作るということが話題になっていました。伝統行事も時代によって変わっていくものですね。

関連記事

  1. 魚屋の恵方巻

  2. 自家製キムチの素でクッパ風

  3. 健康づくり応援弁当

  4. テイクアウト丼まだまだやってます

  5. イワシ酢〆しました

  6. まちなかビアガーデン初日終了